AKB48

 「AKB48」の「チームA」が10日、東京・秋葉原のAKB48劇場で約5年半ぶりの新公演「M.T.に捧ぐ」の初日公演を行った。

 2010年7月に開幕した「目撃者」公演以来、5年半ぶりとなる新公演が初日を迎えた。
 ステージの幕が上がると、そこには険しい表情でステージに立「チームA」のメンバーたちの姿が。
 キャプテンの横山由依の口から「M.T.が掲げた改革の灯を消してはいけない」と声明文が読み上げられると、「M.T.!M.T!M.T!…」とシュプレヒコールも上がった。
 そして、横山が「我々は、同志M.T.の理念を引き継ぎ、『AKB48』の『横山チームA』が、ここに新公演再開を宣言する!」と力強く宣言し、新公演のパフォーマンスがはじまった。

0006

 新たな門出を予感させる『始まる。』、照明を浴びたメンバーたちが幻想的なダンスを披露する『探してあげる』などの全体曲4曲がオープニングを飾る。
 「チームA」のメンバーで、これまでオリジナル公演の初日を経験しているのは、小嶋陽菜、大家志津香、宮崎美穂の3人のみとなったが、初めのトークコーナーでは、小嶋が前日深夜までレッスンを行い、振りを確認したというエピソードを披露。

0003

 ユニット曲では、小嶋と島崎遥香による『リスケ』、入山杏奈らが赤色のドレスで情熱的なダンスを繰り広げる『She’s gone』、「HKT48」と兼任の宮脇咲良がソロで魅せるアイドル王道ソング『夢でKiss me!』、横山が愛しさを切々と歌いあげるソロ曲『月と水鏡』など多彩な楽曲で会場を盛り上げた。

 中盤のトークコーナーでは、メンバーを抜き打ちで楽屋から呼び込み、質問攻めにする新たな企画も。
 「チーム8」兼任する山田菜々美が標的となり、宮崎美穂らからのきわどい質問に奇妙な動きで応戦。
 2分間の制限時間の中でテーマに沿ったトークをし、その面白さを観客にジャッジしてもらう企画も行われた。

関連記事