SKE48

 「SKE48」が19日、静岡・清水文化会館マリナートで全国ツアー「SKE48 47都道府県全国ツアー ~機は熟した。全国へ行こう!~]の静岡公演を行った。

 「SKE48」にとっては、昨年6月20日の岩手県民会館での公演から約8ヵ月ぶりとなる全国ツアーの公演開催。
 これまでの全国ツアーの公演は、チーム単位で行われていたが、今回の静岡公演からはチームの枠を超えたシャッフルメンバーでの出演となり、「チームKⅡ」の高柳明音、「チームE」の須田亜香里のほか、静岡県出身で「やいづ親善大使」を務める青木詩織(「チームKⅡ」)や、今回が初のツアー参加となる杉山愛佳(「チームS」)、小畑優奈(「チームKⅡ),白井琴望(「チームKⅡ)、菅原茉椰(「チームE」)、水野愛理(「チーム研究生」)など21人のメンバーが出演し、全26曲を披露した。

00005

 ステージは、青木と大場美奈、木本花音、日高優月による静岡のご当地ネタコントで幕開け。
 コントが終わると、高柳の呼び掛けてメンバーが一人ずつ客席から登場し、序盤からサプライズ演出に会場は大盛り上がりとなった。
 
 昨年8月にリリースしたシングル曲『前のめり』でスタートし、『賛成カワイイ!』や『コケティッシュ渋滞中』などのシングル楽曲に続いては、杉山、小畑、水野のフレッシュな7期生3人がユニット曲『パジャマドライブ』をパフォーマンス。

関連記事