• このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナマン

 お笑いコンビ「バナナマン」とモデルのが25日、東京都内で行われた米アニメ映画「ペット」(8月11日公開)の吹き替えキャスト発表会見に出席した。

 飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろうか――。
 誰もが1度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常を描き出す同映画。
 「バナナマン」の設楽統はテリア混ざりの雑種犬マックス、日村勇紀は保健所から救出されたズングリむっくりしたのろまな犬・デューク、佐藤はマックスの飼い主で思いやりにあふれた飼い主のケイティの声をそれぞれ担当する。

 設楽は、同映画の声優のオファーを受けた当時を振り返り、「主役ということで『嘘だろ?』と思いました」。
 一方の日村さんは「僕の声を買って頂けたということで、本当にうれしいです。自分から言い出したわけじゃないんですけど、本国の監督さんが我々の声がいいと後押ししてくださったそうなので」と喜びをあらわにした。
 今作が声優初挑戦となる佐藤は、「最初に短い映像を観させて頂いただけで『なんて楽しい映画なんだ!』と思いました。そんなステキな映画に参加させて頂いて、夢がかなってすごくうれしいです!」と満面の笑みを浮かべた。

 子供時代に飼っていたペットの話題になると、設楽は「犬は家族の順位が分かるらしく、僕は一番の末っ子なので相当なめられていました」。 よく動物に好かれるという日村が「ブタが腰に張り付いて離れなかったり、気が付けば野良猫が隣に座っていたりしますね」と明かした。
 これに対して、設楽が「きっと前世と来世がブタなんだと思います」とチャチャを入れると、すかさず日村が「来世ってなんだよ!」とツッコんで会場の笑いを誘った。

 また、「自身がペットだったとしたら、どんな人に飼ってもらいたい?」との質問に、設楽は「僕は栞里ちゃんみたいなカワイイ独身女性に飼ってもらいたいです。女子たちが『なんで結婚できないんだろう…』と言っているグチを聞いていたい」とニンマリ。
 日村は「フリスビー犬になりたいので、アクティブな生活をしている人。やっぱり、ヤセたいからかな」と苦笑いを浮かべた。
 佐藤は、「ウチのはなちゃん、お父さんのももが太いから居心地が良いみたいで。だから、私も太ももが太くて、柔らかい人がいいです」と願望を告白していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事