• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

 藤原竜也と有村架純の初共演でも話題の映画「僕だけがいない街」の完成披露試写会が25日に都内で行われた。

 同映画は、三部けい氏原作の話題の同タイトルのミステリー漫画を実写映画化したもので、自身に降りかかる事件を食い止めなければ、何度も同じ時間を繰り返してしまう“リバイバル”という現象に巻き込まれた主人公・藤沼悟が、18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めるミステリー。
 大切な人を守るため事件に巻き込まれていく藤沼悟を藤原が、過去の事件から心を閉ざした悟に希望をもたらすヒロイン・片桐愛梨を有村がそれぞれ演じている。

 この日は、藤原と有村のほか、及川光博、鈴木梨央、中川翼、杉本哲太、石田ゆり子、平川雄一朗監督がステージに登場。

 藤原は、「去年の夏に大変な思いをして撮影し、みんなで作り上げたステキな作品です。楽しんで観てください」とあいさつ。
 有村は「初めて観た時、とてもキレイで美しい作品だと思いました」と微笑んだ。

 撮影中の印象に残っているエピソードを聞かれた藤原は、「リバイバルの設定なので、何度も同じようなシーンをやるから難しかった。繋がりが分かりにくかったけど、そこは監督と話しながらやっていったので苦労はなかったです」。
 すると、平川監督は「文句ばっかりですよ、藤原君は顔に出ますから」とツッコんで笑わせた。

 一方、有村は藤原との初共演の感想を問われると、「現場にいて、大先輩なのに壁を感じなかったです。顔を見るだけで笑っちゃうんです」。
 これに対して、藤原は「真面目にしゃべっていても笑うんですよ。でも、楽しくやってくれたなら良かったです。僕はわりと自由にやらせてもらったんですが、有村さんが引っ張ってくれてちょっとラクをしました」と話した。

 また、作品のテーマでもある“リバイバル”にかけて、藤原の子供の頃の写真が披露されると、場内からは「似ている!」との声が。
 さらに、有村の子供の頃の写真も公開されて、「カワイイ!」との声に本人は、「恥ずかしいです。あまり変わっていないですよね。外で遊ぶのがすごく好きで、席とりとかボール遊びとかよくしていました」とハニカんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事