徳永英明  

 歌手・徳永英明が、「もやもや病」による脳梗塞発症予防のための手術を受けていたことが分かった。
 所属レコード会社が3日に発表した。

 徳永は2月上旬に体調不良を訴え、診察を受けたところ、もやもや病と診断された。 担当医より、手術と療養が必要と言われ、同月22日に左複合バイパス手術を行い、無事に成功したという。
 術後の経過は良好で間もなく退院できる見込みだが、3月いっぱいはリハビリを兼ねた療養のために活動を休止し、 4月から活動再開を予定している。

 徳永は、「おかげさまで手術も成功し、現在療養させて頂いております。関係各位の皆様には、ご迷惑をおかけし、またファンの皆様にもこのような形での発表により、大変心苦しく思っております。一日でも早い復帰に向けて療養しておりますので、もう少しお待ちください」とコメントしている。

 徳永は01年5月にも、もやもや病のためコンサートツアーを休止して療養生活に入り、02年11月に復帰した。
 「もやもや病」は脳に起こる血管障害で、脳底部に異常血管網が見られ、画像ではたばこの煙のようにもやもやして見えることから、その病名がついている。

関連記事