前田敦子

 元「AKB48」のメンバーで女優の前田敦子が、4月スタートのTBS系ドラマ「毒島(ぶすじま)ゆり子のせきらら日記」に主演することが分かった。

 “恋愛”と“政治”をテーマにした同ドラマで前田が演じるのは、超恋愛体質の政治記者・ゆり子。 幼少期に父親から裏切られたことから男性を信じられない主人公で、長年の恋人(渡辺大知)も承知のうえで複数の相手がいるという役どころ。
 ただ、不倫はしないと決めているものの、既婚者でライバル新聞社の敏腕記者(新井浩文)が気になってしまう…というストーリー。

 劇中では複数の相手とのキスシーンにも臨むという。

 前田は、「こんなにたくさんキスするのは最初で最後かもしれない」としつつ、「赤裸々に演じたいので、自分に変なセーブをかけたくない」と気合十分の様子。
 さらに、「私のことを、あいさつ代わりにキスをする海外の人だと思って見てほしい」と話している。

関連記事