宮澤佐江

 「SKE48」の宮澤佐江の卒業コンサート「みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサート in 日本ガイシホール」の2日目公演が4日、愛知・名古屋の日本ガイシホールで行われた。

 「AKB48」、「SKE48」で約10年間活動を続けて来た宮澤だが、この日のセットリストは宮澤本人がスタッフと相談して練り上げたものとなり、全38曲が披露された。
 『overture』が流れ終わると、ステージに宮澤が一人で現れ、オリジナルユニット曲『奇跡は間に合わない』をソロ歌唱。
 その後、他のメンバーもステージに登場し、メンバー全員でのパフォーマンスとなり、 宮澤は投げた帽子を見事にキャッチし、卒業コンサートに相応しい晴れやかなオープニングとなった。

 続いて、メンバーたちは『ごめんね、SUMMER』や『バンザイVenus』など「SKE48」のヒット曲を次々と披露。
 コンサートが中盤に入ると、いよいよ宮澤のパートとなった。

宮澤佐江

 派生ユニット「DiVA」の『Lost the way』や、公演楽曲『君はペガサス』のほか、派生ユニット「Chocolove from AKB48」の『明日は明日の君が生まれる』を「SKE48」のメンバーと一緒に歌い、続く公演ユニット曲『狼とプライド』ではオオカミのコスチュームで登場。
 宮澤のことを憧れ慕う北川綾巴が赤ずきんちゃんに扮し、2人でキュートなパフォーマンスを見せた。

宮澤佐江

 また、松井珠理奈とは『TWO ROSES』をクールに歌い上げ、続く『掌』では、宮澤が子供の頃から勉強したかったという手話を披露。
 宮澤のボーイッシュな一面と女性らしい一面が見事に表現されて、ファンを魅了した。

 アンコールでは、宮澤のイメージカラーである黄色と青色の2色のスティクライトで会場が照らされ、それを目にした宮澤の瞳からは涙が流れ落ちた。 『アイシテラブル!』『1!2!3!4! ヨロシク!』を全力で歌い上げると、宮澤が「AKB48」に入ってからこれまでの10年間の軌跡映像がスクリーンに映し出され、会場は一転してお別れムードに。

宮澤佐江

 宮澤は、3月30日リリースの「SKE48」の最新シングル『チキンLINE』に収録されている自身の卒業曲『旅の途中』を珠理奈、大矢真那、高柳明音、須田亜香里、柴田阿弥らとともに初披露した。
 卒業セレモニーでは、ファンやスタッフ、家族への感謝の気持ちと、「見てくれている人は必ずどこかにいる」というメッセージを他のメンバーたちに残してスピーチを終えた。

関連記事