宇多田ヒカル

 歌手・宇多田ヒカルが4月4日から歌手活動を再開し、同日から放送されるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌『花束を君に。』を担当することが10日に分かった。

 歌手活動を再開する宇多田は、同ドラマのオープニングで同曲を初披露。 さらに、日本テレビ系で放送されている情報番組「NEWS ZERO」のエンディングテーマも担当し、同日放送の同番組で初お披露目される。

 また、宇多田は4月4日の歌手活動再開を前に、所属レーベルのユニバーサルミュージックが中心となって「NEW-TURNプロジェクト」を99年のファースストアルバム『First Love』の発売記念日となる3月10日に立ち上げたことも明らかになった。

 同ロジェクトは、宇多田の再始動を待ち望んでいたファンとレーベルが一緒になり、宇多田のアーティスト活動再開を祝う企画。
 特設ページ上で、「#おかえりHIKKI」とつぶやくか、宇多田の関連商品が購入もしくはダウンロードされると、特設ページ上の桜の木の花がだんだんと咲いていくというもの。
 このプロジェクトで得られた収益の一部は、「NPO法人 さくら並木ネットワーク」に寄付され、東日本大震災の被害地域に桜の木が届けられる予定で、歌手活動を再開する4月4日までに桜の木を満開にすることを目標としているという。

 なお、同プロジェクトには、第一興商、映像配信サービス「GYAO!」および株式会社USENも賛同し、「GYAO!」では宇多田ヒカル動画特集の再生回数に応じて、USENでは宇多田の関連楽曲に対するリクエストに応じて寄付がなされるとか。
 第一興商では特設ページを開設し、宇多田関連楽曲の歌唱頻度に応じて、桜の木がだんだんと咲いていく企画を実施するという。

関連記事