0001

  フジテレビの“カトパン”こと加藤綾子アナが4月いっぱいで同局を退社し、フリーに転身する。

  加藤アナはフリー転身後、女優・篠原涼子や俳優・谷原章介らを擁する芸能事務所の「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に所属。
  同事務所には女子アナはほとんど所属しておらず、加藤アナ本人は他のフリーの先輩アナとの競合を避けたことを明かしているが、実際のところは同事務所が古巣のフジとも良好な関係で、芸能界に大きな影響力を持つ大手芸能プロとも太いパイプで結ばれている点も考慮した結果だろう。

  そんな加藤アナはフリー転身後について、先月にゲスト出演した同局系のバラエティー番組「ダウンタウンなう2時間SP」などで、「教育番組をやりたい」と発言して話題を集めた。

  加藤アナといえば、フジ入社前には“スーパー綾子”として数多くのテレビ局のアナウンサー試験で内定をもらっていたことが広く知られているが、元々は音大出身で音楽の教員免許も持つ。
  こうした背景も上記の発言に繋がっているのだろうが、さらに深い理由もあるという。

  芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「加藤アナは一二を争う人気女子アナだけにフリーとなれば、それなりに出演オファーはあるでしょうが、近年は指原莉乃さんや小島瑠璃子さん、シェリーさんをはじめ、女性タレントのMC進出の影響もあって女子アナには厳しい状況が続いています。とくにバラエティー番組はこの傾向が顕著で、社員女子アナに比べて経費がかかるフリーの女子アナは苦戦傾向にあります。その一方で、報道番組に適応できる目新しいフリーの女子アナは不足しており、女性タレントとバッティングすることもない。加藤アナもゆくゆくは報道番組への出演を狙っており、その過程として、まずは音楽の素養を活かした教育番組をターゲットにしているのではないでしょうか」

  確かに、今の加藤アナはどちらかと言うとバラエティー向きのイメージがある。
   
  数多くの番組を手掛ける放送作家もこう明かす。

「TBS時代には同じくバラエティーを主戦場にしていた田中みな実アナの苦戦を見れば、加藤アナが報道志向に目を向けるのも自然の流れでしょう。実際、バラエティー向きというイメージを払拭し、知的イメージをつけるため、所属事務所はあえてギャラを無視し、NHKに教育番組や音楽番組の司会、MCの仕事を売り込んでいるという噂もあります。話題性もあり、NHKサイドとしてもタイミングが合えば当然OKというスタンスで興味を示しているようです」

関連記事