• このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋みなみ

  「AKB48」の高橋みなみが8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行った「高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~」の公演後、囲み取材に応じた。

  高橋は「今日のリハーサルの時、初めて卒業するんだなと思って、頭から泣いちゃいましたね」とテレ笑い。

  公演を振り返り、「卒業公演ということで楽曲を選ばせて頂いたのですが、劇場でやりたい曲はこれ以上ないというくらい全部できたのは良かったなと。(観客の)反応が気になっちゃいましたが、すごくしっかりと受けとめてくださって、楽しんでくださったので。これこそホーム、何をやっても許してくれるのが劇場だなと思いました」としみじみと語った。

   約10年間、劇場公演のステージに立ってきたわけだが、この10年間での変化を聞かれると、「遊び心を持てるようになりました。ずっと遊び心を持てなかったんですよね。舞台はある意味で生ものですし、真剣に向き合わないといけないし、あれだけ(客席と)近いので…。何年もすごく真剣にやり過ぎて遊び心を持てなかったんですけど、ここ3年くらいはもっと楽しくやっていいんじゃないかな、と。(劇場公演は)楽しむことが一番大事なんじゃないかなと思います」。

  そのうえで、「(劇場公演で)学んだことは多すぎますね。劇場ではある意味で遊び心を持った方がいいとか、毎日ステージに立つ上で何を自分に目標として立つべきなのかとか。ファンの方あっての自分たちなんだということが、一番分かりました。有難いことに、自分は(観客が)7人の頃から見ていたので、今は(満員が)当たり前で今日の倍率もすごかったですけど、7人の時があったのが人生の糧になりますね。これが当たり前ではないので、いつか見に来た時に満員であってほしいなと」と話した。

「10年前の自分に言いたいことは?」との質問には、「まず『髪型を変えて!』と言いたいです。かたくなにハーフアップにしていたんですよ」とハニカみ、「自分はこうだと思いがちですし、若い人はそう思いがちだと思うんですけど、もっと穏やかに柔軟に生きてほしいなと10年前の自分に言ってあげたいです」と明かした。

  卒業公演の最後は同じ1期生で派生ユニット「ノースリーブス」の仲間でもある小嶋陽菜、峯岸みなみとステージに立ったが、「心残りなんですよね、どうしても。小島と峯岸を残して卒業していくのは…。キャラの濃い2人が残ったなと思いながら自分は旅立つことになりますけど、2人の卒業の時には呼ばれたら来たいなと思います」。

  一方、後輩たちには、「過去にとらわれてほしくないですね。10年積み上げてきたものに乗せていくのではなく、11年目という新しいスタートなので、ゼロからみんなで楽しく、これが一番大事ですね。AKBを愛して(未来を)作り上げていってほしいなと」とエールを送った。

  卒業後は恋愛が解禁となるが、「この後、みんなで打ち上げなのですが、気をつけたいと思います。すぐに撮られますから。打ち上げとか一番危ないです」とジョークを飛ばして笑わせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事