• このエントリーをはてなブックマークに追加

布袋寅泰

  アーティスト活動35周年を迎えた布袋寅泰がアメリカ・ロサンゼルスとニューヨークでのライブ「【BEAT 5】~ Live in USA ~ Los Angels & New York」を開催することが明らかになった。

  布袋は今年2月にユーロ・ツアーを敢行しているが、米国でのライブは2013年のニューヨーク公演以来。
  7月13日にロサンゼルスの老舗ライブハウス・トルバドール、7月15日にはニューヨーク・ハイライン・ボールルームのステージに立つ。

  かねてから米国の音楽関係者の間でも注目されていた布袋だが、35周年の年についにアメリカ進出の第一歩を踏み出すこととなった。

  また、アメリカでのライブ発表と同時に全世界に配信されるデジタル・シングル『Move It(Featuring Richard Z.Kruspe)』のミュージックビデオも公開された。

   同曲は、ヨーロッパで絶大な人気を誇る「ラムシュタイン」のメンバーの一人のリチャード・Z・クラスペをボーカルに迎えて制作されたもの。
  昨年ワールド・リリースされたアルバム『STRANGERS』を代表する収録曲の一つとなっている。
  布袋の攻撃的なギター・プレイが唸るストロング・チューンが世界最高水準のDigital Rockに仕上げられており、公開されたMVでは布袋とリチャードの迫力満点のパフォーマンスが堪能できる。

  布袋は、「僕はこのビデオをシンプルなものにしたかった。なぜかと言えば、リチャードは非常に強い個性の持ち主だから。さらに、僕は全く違う個性だし。最初は何かストーリー風にしてみようと思ったんだけど、結局2つのまったく異なる個性が一つのスクリーンに収まっている、というところに焦点を置いてみたんだ」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事