• このエントリーをはてなブックマークに追加

松井玲奈

  元「SKE48」の松井玲奈がグループを卒業して初となるシングル『シャボン』ののリリースイベントを9日、東京・渋谷の東京体育館で行った。

  同曲は、玲奈と姉妹音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」とのコラボレーションにより、今月6日にリリース。
  この日は、玲奈にとって「SKE48」卒業後、初のリリースイベントということで約2000人のファンが会場に集まった。

  そんな中、玲奈は新曲『シャボン』を初披露。
  MCでは、玲奈と「チャラン・ポ・ランタン」とが出会った当時の話やドラマ主題歌のオファーがあった時「ソロで歌うのはイヤ。『チャラン・ポ・ランタン』と一緒なら歌う!」と駄々をこねて今回のコラボが実現したことなど裏話も暴露した。

松井玲奈

  また、最後には同曲のカップリングとして収録された自身初の作詞曲『からす座』も初歌唱。
  楽曲終盤では、自ら作詞したにもかかわらず、歌詞を間違えるハプニングも。
  「チャラン・ポ・ランタン」の2人から「自分の作詞だから、セルフアレンジですよね!?」とツッコまれた玲奈は、「今日だけのスペシャルバージョンでお届けしました」と開き直り、会場の笑いを誘った。

  イベント終了後、囲み取材に応じた玲奈は「次回作は演歌も良いかな!?」と話すなど、イベントを満喫した様子。

  今月8日の劇場公演をもって「AKB48」を卒業した高橋みなみの話題になると、「実感が沸かないのが一番。ライブも行けなかったので、たかみなさんがまだ『AKB48』にいるような気持ちでいます」。
 
  続けて、「大先輩なので、元気でいてくれれば。それが一番うれしいし、頑張ってほしいです」とエールを送った。

  そのうえで、「一緒に活動してきたメンバーが色んなところでニュースになっていたりすると、『みんな頑張っているんだ。自分も頑張らなきゃ!』という気持ちになりますね」と刺激を受けていることを笑顔で明かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事