欅坂46

人気アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」のデビューシングル『サイレントマジョリティー』が、発売初週に26万2000枚を売り上げ、18日付のオリコン・シングルランキングで、初登場1位を獲得することが分かった。

  「欅坂46」は、作詞家・秋元康氏が総合プロデュースを務め、「乃木坂46」に続く「坂道シリーズ」の第2弾として昨年8月に結成。

  今作の初週売り上げ枚数は、「乃木坂46」のデビューシングル『ぐるぐるカーテン』(12年2月発売、最高2位)の初週売り上げ13万6000枚を大きく上回った。

  さらに、「HKT48」の『スキ!スキ!スキップ!』(13年3月発売、最高1位)の初週売り上げ25万枚も抜き去り、「女性アーティストのデビューシングルによる初週売り上げ枚数」で歴代1位を獲得した。

  同曲のセンターを務める平手友梨奈は、「実感はまだわかないのですが、私たちが一つひとつパフォーマンスなどをさせて頂いて、それがこの結果につながったのならば、ありがたいですし、とてもうれしいです。まだ坂を上りはじめたばかりなので、この結果に甘えずに、一つひとつ目の前のことを大切に頑張っていきたいです!」とコメントしている。

関連記事