• このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺美優紀

  「NMB48」の渡辺美優紀が13日、大阪・難波のNMB48劇場で行われた「チームBⅡ」の「逆上がり」公演内でグループからの卒業を発表した。

  渡辺は、公演終了間際に「私は、『NMB48』を卒業します」と自ら卒業を発表。

  続けて、「本当にNMBに入る時よりも、卒業することを決めることの方が本当に大決心でした。5年半このステージに立たせてくださったみなさん、本当にありがとうございました。私にとって、とてもステキな日々でした。そして、すごく幸せでした」と感謝した。

  卒業については昨秋頃から考えていたそうで、「やっぱり同期のメンバーが、たくさん卒業していって、見渡すと本当に後輩たちがキラキラ輝いていて。次世代と呼ばれているNMBのメンバーに“今”を任せたいなと心から思いました」と説明。

  さらに、「そして、私は、『チームN』から『チームBⅡ』になって。この間、『甘噛み姫』のチームカップリング曲のミュージックビデオの撮影をしている時に、Wセンターが、“なぎしゅう(=渋谷凪咲、薮下柊)”だったんですけれども、それを見て『このチームBⅡが観ていきたい』とすごく本当に思いました」と明かした。

  そのうえで、「本当にメンバーみんなにも、一人ひとりに話したいこととか、たくさんあるし、今までスタッフのみなさんやメンバーや(ファンの)みなさんに、人一倍きっと迷惑も心配もたくさんかけてきました。あんまり素直になれなくて、自分の気持ちをちゃんと話してこられなかったけど、本当に心からみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」。

0001

  また、同じ1期生でWエースとしてグループを引っ張って来た山本彩に対して、「さやかちゃん、同い年で、身長も同じぐらいで、血液型も一緒で。私は、最後まで友達のように仲良くというか、本当の友達のような関係にはなれなかったけど、今までの人生で一番運命の人だと感じました。本当に一番運命を感じた人で、たくさん悔しいことも、誰よりも素直になれなかったけど、私が、一番誰よりもすごい人だということを分かっているし、本当に尊敬しています。ずっと伝えられなかったけど、この場をお借りしたら言える気がしたので、すごく言いたかったので、言いました」と笑顔を向けた。

  最後に「本当に寂しくて。でも、卒業をすると決めてからの方がすごくもっと今まで以上に『NMB48』が大好きで、(メンバー)みんなのことも今まで以上に、一番応援していきたいので。私も残り少ないんですけど、『NMB48』のために、全力で頑張っていきたいと思います。本当に感謝してもしきれないぐらい、たくさんの私の思い出がつまっている『NMB48』なのでこれからもみなさん応援よろしくお願いいたします」とファンに呼び掛けた。

  なお、卒業時期は未定という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事