• このエントリーをはてなブックマークに追加

山本彩

   「NMB48」の山本彩が13日、大阪・難波のNMB48劇場で行われた「チームBⅡ」の「逆上がり」公演内で「AKB48」の「チームK」との兼任解除を発表した。

  この日の公演では、同じ1期生でWエースとしてグループを牽引してきた渡辺美優紀がグループからの卒業を発表。

  そうした中、山本は「AKB48」の「チームK」との兼任を解除し、「NMB48」の活動に専念することを明かした。

0002

  山本は「今回、みるきー(=渡辺美優紀)の卒業で、『NMB48』は、またセカンドステージに入るのかなと思います。そこで、みるきーも『NMBのために』と言っていたんですけど、私もずっと一緒にやってきたメンバーたちが卒業していくのを今年に入って何人も見てきたし、見届けてきて、自分ももっと何かできることはないか、NMBのために何かしたいなと思って、秋元(康)さんに兼任解除の相談というか、お願いをして、受諾して頂きました」。

  続けて、「もちろん48グループの中で、私も引っ張っていく存在にならないといけないと思うのですが、『NMB48』がこういう状況ということで、キャプテンとして、一メンバーとして『NMB48』をまだまだ終わらせたくないという気持ちでいっぱいなので、『NMB48』一本で頑張っていきたいと思います」と語った。

  そして、「メンバーそれぞれ、みるきーも、どうぞこれからもみなさん応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事