元農業大臣のグラフトスキャンダルは、日本の動物福祉についての会話を引き起こします

元農業大臣が関与した最近のグラフトスキャンダルは、動物福祉の問題にスポットライトを当て、国の家禽産業が数十年前の、しかし世界的に批判されている産卵鶏を小さなケージに閉じ込める慣行を維持するために費やした長い時間を示しています。

自民党議員の吉川貴盛氏は、10月から養鶏大臣を務めていた時期に、広島県に本拠を置く養鶏大手の秋田食品(株)の元首長から500万円の未申告の寄付を受け取ったとの申し立ての中で、熱狂している。 2018年から2019年9月。

吉川への寄付は、当時多くの国内農家が日本の家禽事業と両立せず、存在する脅威でさえあると見なしていた動物福祉への国際的な呼びかけの高まりと一致していました。火曜日、秋田食品との親密な関係を批判する中、元農相だった西川公也氏が突然、特別内閣顧問を辞任したことで、スキャンダルの影響は拡大し続けた。

養鶏業の利益を守るために吉川を揺さぶる寄付がどのような役割を果たしたのかは明らかではない。

しかし、彼の管理下で、2019年1月に同省は、国際獣疫事務局(OIE)による加盟国への、子鶏と雌鶏に営巣地と止まり木を提供することの重要性が動物福祉ガイドラインで認識されているという提案に反対したという事実は残っています。 。

数か月後のその年の9月、OIEは、提案されたガイドラインの改訂版でその文言を打ち砕きました。彼らは当初、ネスティングエリアと止まり木を「提供する必要がある」と述べていましたが、修正されたドラフトでは、これらのデバイスへのアクセスを「望ましい」と説明しているだけです。

営巣地やとまり木の設置は、日本の養鶏を支える「バタリーケージ」システムとは根本的に相容れないものです。

従来のバタリーケージでは、多くの場合、複数の雌鶏が小さな有線ケージに詰め込まれ、羽を動かしたり伸ばしたりすることができません。欧州食品安全機関は、これらの飼育システムにより、雌鶏は病気、骨折、有害なつつきの影響を受けやすくなると述べています。

現在、世界的な傾向はますますそれらを廃止する方向に向かっています。近年の最も顕著なターニングポイントは、2012年に欧州連合によって導入されたバッテリーケージの本格的な禁止でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です