アムネスティは日本に外国人の拘禁制限を設定するよう求める

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンは水曜日、人権を損なうと主張する外国人の長期拘禁の問題に取り組むよう、国の入国管理局に要請したと述べた。

人権団体は、法務省と出入国在留庁に、迫害の危険にさらされている個人の強制送還を禁じるノン・ルフール原則を遵守するよう求める請願書を提出しました。

日本政府は、国外追放を拒否する外国人の長期拘禁に対する批判に応えて、移民法の改正をすでに計画しており、最大監禁期間を設定し、それらの条件を最小限に抑えるよう求めた。

日本は、難民申請中の外国人の釈放を認め、基本的な生活費を賄うための経済的支援を行うことを検討しています。

このグループは、日本政府に庇護希望者をさらに受け入れ、長期拘禁をやめるよう求める17,571の署名を提出した。

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンの事務局長である中川英明氏は記者会見で、「日本には難民と亡命希望者を保護する国際的な義務がある」と述べた。

日本は、長崎県の入国管理センターでの長期拘禁をめぐってハンガーストライキを行った40代のナイジェリア人男性が昨年6月に死亡した後、拘禁規則の見直しを開始した。

グループによると、一部の入国管理センターは、抗議とハンガーストライキを停止するために短期間の暫定的釈放を許可したが、数週間後に再び拘留した。

アムネスティ・インターナショナル・ジャパンは政府にそのような行動をやめるよう求めたが、施設がすでにそのような扱いをやめたという請願書を提出したとき、入国管理局の佐々木翔子委員から知らされた、とグループは言った。

外国人が入国管理局に合法的に拘留される期間は国によって異なりますが、日本では制限はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です