日本の毎日のCOVID-19症例は、東京が600の新規感染を上回り、過去最高を記録しました。

日本の新しいCOVID-19感染の集計は、木曜日に2,820に達し、2日連続で過去最高を記録しました。

東京の602件の新規症例も過去最高であり、首都の1日の数字は初めて600を超えました。木曜日の東京の深刻な事件は前日と同じ59に達した。首都の数字は、実施された9,613件のテストに基づいています。新たな症例では、20代が135人と最も多く、30代が137人、40代が111人と続いた。65歳以上の感染は前日の103人から77人に減少した。木曜日の数字は、首都の累積合計が45,529件になりました。

埼玉県の188件の新規症例も過去最高でした。大阪は415件の新規症例を報告し、北海道は241件、神奈川は214件を記録したとNHKは報告した。

日本は水曜日に、感染の急増に取り組み続けたため、毎日2,810件のコロナウイルス症例と555人の重度の症状を確認しました。どちらも過去最高です。愛知県、京都県、広島県、鹿児島県の6県でも記録的な数字が確認されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です