日本はパンデミックの中でインバウンド観光客のための健康監視センターを立ち上げる

政府は3月、コロナウイルスの大流行の中で海外からの訪問者の健康状態を監視するセンターを設立し、延期された東京オリンピック・パラリンピックに先立ち、小グループツアーを受け入れる予定だと、関係筋は火曜日に語った。

観光客はパスポート番号をセンターに登録し、2週間の健康状態に関する最新情報を毎日入力する必要があります。

ウイルスに感染している疑いがある場合は、センターが多言語で相談し、収集した情報を保健所や都道府県に提供します。

健康監視施設では、来年の夏に東京オリンピック・パラリンピックが開催される際に、試合会場がそのような情報にアクセスして、来場者の健康状態を確認できるようにする予定です。

センターは、訪問者がウイルスに感染していることが判明した場合の対応方法について、自治体、ホテル、旅行代理店向けのガイドラインを作成します。

日本は現在、152の国と地域のいずれかに滞在した外国人の入国を拒否しています。ただし、短期間の出張や、勉強などの目的で3か月以上滞在する場合を除きます。

しかし、政府は、国境規制の中で、1月から10月の来訪者数が前年同期比85.1%減少したことから、観光需要の拡大を目的とした政策パッケージの下で少人数のツアーグループを許可する予定です。そのようなツアーグループを受け入れるためのスケジュールはまだ決定されていません。

これらの旅行者は、ウイルスのポリメラーゼ連鎖反応検査を受け、入国前に結果を提出し、医療保険を購入する必要があります。

オリンピック後も運営を継続する同センターの予算は、今年度の第3次補正予算に含まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です