日本は2035年までにガソリン車を禁止するのに十分な速さでギアをシフトできますか?

次の10年の半ばまでに、菅義偉首相の脱炭素化努力を強化するという野心的な政策が検討されているおかげで、ガソリンで走る車は今日の電気店でのVCRと同じくらい一般的であるかもしれません。

しかし、地元メディアで報道されているように、日本は本当に2030年代半ばまでに新しいガソリン車の販売を段階的に廃止することができるのだろうか。そして、そのような計画は、国がガソリン車の販売を終了するための時間枠を設定するのは初めてであるが、国の産業力の柱である自動車部門にどのように影響するだろうか?

記者団にブリーフィングした業界省当局者によると、木曜日に、業界省は、電動車両への移行を議論するための非公開パネル会議を開催し、特定の期限を設定することの重要性を指摘するメンバーもいた。梶山弘史産業相は、今月末までに新計画を策定すると発表した。

中央政府の動きに先立ち、東京都は今週初め、ハイブリッド車を除く新しいガソリン車の販売を2030年までに終了するという目標を発表した。

日本が2030年代半ばまでに新しいガソリン車の販売を禁止するならば、それは国の以前の目標からの重要なシフトをマークするでしょう。2010年には、ガソリン専用車の新車販売比率を30%から50%に引き下げ、2030年までに環境にやさしい車を50%から70%に強化すると発表した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です