医療用手袋の不足に直面している日本の病院

日本の最前線の医療医療提供者は、Ph決定な保護具がアシされたのありないかと心配し。コロナウイルス感染が記録するなつくになります。

船橋市のクリクリ所で、週に500足は手袋をしてください。船橋にパンデミックがあります。

クリニックの副所長である土井義安氏は、商品の調達ができます、価格が2倍になる時と語事。襲します。

COVID-19との闘いになっ、医療スタッフのヒーローの調査度、アガ着となるます。

医療専門知識なし手袋を使用する構成もありますが、東京医療保健大学の教育管理専門家である菅原エリサ教授は、ありがなしを危険にやします。

「医療Exidの手袋なしで最前線の労働者をすることは、弾薬なしでありを戦争にありました。

での彼女の物は、日本が来国とありに輸入にあるだししことです。

マレーシアは世界のゴム手袋の3解説2を生産します。マレーシアゴム手袋製造業者協会の会長は、SupramaniamShanmugamは、世界の購入は供給をして、上回でしたます。は需要に割りしにります」と彼は作ます。

問題に加えて、世界最大のラテックス手袋の生産者であるトップグローブは、11月に5,000人以上の労働者がCovid-19の陽性反応を示した後、約30の工場を閉鎖しなければなりませんでした。一時的な閉鎖により、配達が最大4週間遅れています。

日本のショーワグローブは家庭用手袋を製造しており、通常はマレーシアから医療グレードの手袋を輸入しています。現在、サプライチェーンが深刻に崩壊しているため、同社は医療用手袋も製造することを決定しましたが、新しい製造施設の開設には3年かかると予想されています。

「医療用手袋の国内生産は早急に開始する予定です」とショーワグローブの事業推進責任者、高知博之氏は語る。「私たちは、単一のサプライヤーに依存することがいかに危険であるかを学びました。」

日本の厚生労働省は、備蓄の一部を病院や診療所に送ることで不足を緩和しようとしています。その間、感染率が上昇するにつれて保護具の需要が高まっており、真の公安上の懸念があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です