日本のパネルが最初のゲノム編集食品を承認

日本の厚生労働省の専門家委員会は、国内初のゲノム編集食品の販売に先手を打った。

金曜日のパネルは、GABAと呼ばれるアミノ酸をより多く生成するようにゲノムが編集されたトマトの販売申請を承認しました。この物質は血圧を下げるのに役立つと言われています。

トマトは筑波大学とバイオテクノロジー企業が共同開発しました。

委員会は、トマトには天然品種と異なる遺伝子は含まれていないと述べた。また、ゲノム編集によってアレルゲンや有毒物質の量が増加していないとも述べています。

昨年導入された規制は、専門家委員会が食品が安全性スクリーニングを必要としないと決定した場合、政府への提出後にゲノム編集食品の販売を許可しています。

対照的に、他の生物の遺伝子を含む遺伝子組み換え食品は、販売の承認を得るために食品安全委員会のスクリーニングに合格する必要があります。

バイオテクノロジー企業は金曜日に申請を提出した。早ければ2022年にトマトの販売を目指し、来年前半から家庭菜園向けの無料苗の配布を開始する予定だという。

同社によれば、ゲノム編集された製品にはそのようにラベルが付けられるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です