警視庁で17件のコロナウイルス感染

東京都新宿区の警察署に拘束されている17人がコロナウイルスに感染していることが確認された。

警視庁によると、感染者は20代から70代の男性。

警察によると、最初の3件は、先週の木曜日から火曜日の間に同じ部屋の被拘禁者の間で確認されたという。彼らは熱を訴えた後、PCR検査を受けた。

水曜日には、別の部屋にいる他の2人も感染していることが確認され、施設内のすべての人が検査を受けました。

翌日の結果では、さらに12人が感染していることがわかりました。

警察は、すべての事件が軽度であると言います。

被拘禁者は他の拘置所に移送され、新宿の拘置所は閉鎖され、消毒されるとのことです。

彼らはまた、感染者と密接に接触した6人の警察が自宅で自己隔離するように言われたと言います。

警察によると、東京の拘置所で確認された事件の総数は現在32件です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です