コビッドにより、中国経済は「2028年までに」米国を追い抜く

中国は米国を抜いて2028年までに世界最大の経済になり、以前の予測より5年早くなると報告書は述べています。

英国に本拠を置く経済ビジネス研究センター(CEBR)は、中国のCovid-19の「巧みな」管理は、今後数年間で米国やヨーロッパと比較して相対的な成長を後押しすると述べた。

一方、インドは2030年までに3番目に大きな経済になると言われています。

CEBRは、毎年12月26日に経済リーグテーブルをリリースします。

中国はCovid-19に感染した最初の国でしたが、迅速かつ非常に厳格な行動によって病気を制御しました。つまり、ヨーロッパ諸国のように経済的に麻痺する封鎖を繰り返す必要はありませんでした。

その結果、他の主要経済国とは異なり、2020年の景気後退を回避し、実際、今年は2%の成長が見込まれています。

  • 「中国は堅い岩です。ウイルスに負けない」
  • 何百万人ものアメリカ人が失業手当の失効に直面している

対照的に、米国経済は、数の点で世界最悪のコロナウイルスの流行によって大きな打撃を受けています。米国では33万人以上が亡くなり、約1,850万人が確認されています。

経済的損害は金融政策と巨額の財政刺激策によって緩和されましたが、新しい刺激策に関する政治的意見の不一致により、新しい年に失業手当の支払いがないまま約1,400万人のアメリカ人が残る可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です