• このエントリーをはてなブックマークに追加

和楽器バンド

  「和楽器バンド」が、ブラジル・リオデジャネイロで開催されるリオ五輪のテレビ東京系の中継番組のテーマソングを手掛けることが分かった。

  「和楽器バンド」は2014年4月にデビューし、日本の伝統芸能である和楽器と洋楽器を融合させた新感覚エンターテインメントバンドとして活躍。
   初の海外公演となったフランスのパリ公演では4,000人を集めて、今年3月には初の米ニューヨーク公演を成功させるなど、海外でも注目を集めている。

  起用される楽曲は現在制作中で、テレビ東京が中継するリオ五輪番組内およびテレビ東京系スポーツ報道番組でオンエアされるという。

  テレビ東京のスポーツ局スポーツ番組部のプロデューサーの三瓶純氏は、「和楽器で世界進出を目標に掲げる『和楽器バンド』のコンセプトに共感したことが、起用理由の一つです」と説明。
 
  続けて、「分野は違いますが、スポーツの祭典、オリンピックで真剣勝負を行い、世界を席巻する日本人アスリートと重ね合わせました。個性あふれる『和楽器バンド』独特のパワーで、選手のみなさんを後押しして頂きたいと思います」と話している。

  一方、メンバーの鈴華ゆう子は「4年に1度というとても大きなイベントなので、責任感を持って挑まなければいけないと強く感じました。オリンピックに出場する選手やそれを応援する人たちに響く、『和楽器バンド』ならではのサウンドで魂を揺さぶるような楽曲で応援したいと思っています」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事