• このエントリーをはてなブックマークに追加

はやぶさ

  男性3人組新世代歌謡グループ「はやぶさ」が30日、千葉県・幕張メッセにて開催された「ニコニコ超会議2016」のJOYSOUNDブースにゲスト出演した。

  現在放送中のテレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズVSR(バーサスレボリューション)」新オープニングテーマソングにも起用されている新曲『エボレボ!』(3月2日発売)が、オリコン週間シングル演歌・歌謡チャートで1位を獲得。
  7月にはフランス・パリにて行われる「JAPAN EXPO(ジャパン・エキスポ)」のオフィシャルステージに、演歌歌手として初めて出演するなど活躍を見せている「はやぶさ」。

  この日は、ネット界の一大イベント「ニコニコ超会議」に、昨年に続き2年連続での出演となった。

0002

  JOYSOUNDブースにゲスト出演した「はやぶさ」は、ショウヤがニコニコ動画のキャラクター「テレビちゃん」のカチューシャ姿、ヤマトが白い布を頭から被った姿、ヒカルは大仏の被り物をして「小仏」として登場し、ユニークな被り物で観客の注目を集めた。

  そのまま3人は、「はやぶさ」の代名詞ともいえるユニークな振付がふんだんに盛り込まれた『なんで 横浜…』を披露。

  さらに、カラオケの原曲アーティストに合わせたエフェクトをリアルタイムにかけられる「オートボーカルエフェクト」機能を活かし、ショウヤが「SEKAI NO OWARI」の『スターライトパレード』を歌唱。

  続いて、“スケキヨ”の被り物をしたヒカルの歌う『津軽海峡・冬景色』に合わせて、今年に千葉テレビ放送開局45周年事業の応援団長にも就任したジャガーさんを模した白塗りメイクのヤマトが、「いきなりミュージシャン」という機能付きのタブレットでドラム演奏を披露した。

  そして、最後に新曲『エボレボ!』を熱唱し、大盛り上がりの中でステージを終えた。

  なお、前回同様、JOYSOUNDのさまざまな機能のデモストレーションを兼ねた今回の出演だったが、ステージでは歌っている様子を動画撮影し、アップロードができるという「うたスキ動画」機能も使用。
  この機能を使って、「はやぶさ」が所属する長良グループ主催のオーディション「NAGARAグランプリ」(6月30日まで応募受付。本選は8月21日に浅草公会堂で開催)に応募ができることも、あわせて発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事