• このエントリーをはてなブックマークに追加

the GazettE

  ヴィジュアル系ロックバンド「the GazettE」が3年ぶりとなるワールドツアー「the GazettE WORLD TOUR16 DOGMATIC -TROIS-」の一環として29日、米ニューヨーク公演を行った。

  4月27日にリリースしたニューシングル『UNDYING』が、音楽チャートでトップ10入りを果たすなど、その勢いを増している「the GazettE」。

  今回のツアーは同月15日の南米のメキシコ公演を皮切りに幕を開けて、25日には初となる北米公演を米テキサス州ダラスのTHE BOMB FACTORYで開催。
  この日の会場には、日本アーティストでのダラス公演としては、異例とも言える1200人を超える地元オーディエンスが集まった。

0002

  さらに、同月29日には米ニューヨークのPlayStation THEATERで公演。 世界中から観光客の集まるタイムズスクエア周辺に、多数の地元ファンが早朝から集まり、異様なまでに周辺一帯を黒く染め、「the GazettE」のバンドロゴで街を覆い尽くした。

 そして、ライブが始まるやいなや客席のボルテージは一気に頂点まで高まり、曲中ではダイブやサークルモッシュがいくつも起こるなど、「the GazettE」の音楽性、世界観に、国籍や言語の壁を越えて共鳴したニューヨークの2000人以上の観客が熱狂した。

  今後、「the GazettE 」は5月1日に米サンフランシスコのTHE REGENCY BALLROOM、同月3日に米ロサンゼルスのTHE WILTERN THEATRE、同月5日にカナダ・バンクーバーのVOGUE THEATREと北米をめぐり、6月のロシア公演まで3大陸を駆け抜ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事