ささきいさお

  “アニメソング界の大王”こと歌手・ささきいさおが、デビュー55周年記念シングル『今の向こうの今を』を5月25日にリリースすることが分かった。

  1960年にロカビリー歌手としてデビューし、歌手、声優、俳優として活躍を続けて、昨年55周年を迎えたささきは、『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』など数多くのアニソンを世に放ち、“アニメソング界の大王”としても知られている。

  昨年にはデビュー55周年を迎えて、同年5月に行われた記念公演を皮切りに、今年3月には4時間にも及ぶ周年記念アンコール公演を開催するなど、精力的に活動を行ってきた。

  そんな周年のラストを飾る記念曲として5月25日にリリースする同曲は、作詞にささきのファンを公言するシンガーソングライターで作詞家の畑亜貴を迎え、畑を中心に当代きっての作家チームが集結。
  55年の歌手人生を歩んできた、今のささきにふさわしい楽曲となっている。

  畑は同曲について、「ささきいさお様が歌う『今』とは、これまでの素晴らしい作品と共にさらに未来へ進む第一歩である『今』。そしてその満ちた歌声は、私たちに明日へ立ち向かう勇気をくれる希望である…と、音楽家としての想い、そしてファンとしての想いを込め過ぎるほど込めて参加させて頂きました。試練さえも軽やかな旅立ちに変えてくれる、素晴らしい歌声と巡り会えた幸せが『今』にあります」とコメントしている。

関連記事