• このエントリーをはてなブックマークに追加

植田真梨恵

  シンガーソングライター・植田真梨恵がニューシングル『ふれたら消えてしまう』を7月6日にリリースすることが分かった。

  植田にとって通算5枚目となる同シングルは、寂しげなタイトルとは裏腹に、晴れ渡る夏空の下、みんなで歌って気持ちのいい音を想像しながら作ったという、粗削りでアッパーなギターロックサウンドが印象的。
  「ふれたら消えてしまうのは時間のことで、今の頂点を過ぎるとたちまち感覚は過去のものとなり、人間は忘れゆく。でも忘れないこともある」、そんな思いを乗せ、微炭酸のように淡く弾けそうな青春の感触をとらえたスピード感あふれるロックチューンに仕上がっている。

  一方、カップリングに収録された『ルーキー』は、懐かしささえ感じるメロディーを、トリッキーなハードロックサウンドで包んだ異色作。
  両曲ともにインディーズ時代のアレンジャーを起用し、ソリッドな手触りが増した一枚となっている。

  CD特典として、初回限定盤には2015年末渋谷eggmanに出演した際の弾き語りライブの映像を収録。
  通常盤には、CD作品としては初めてとなる、ジャケットのアートワークとつながったフォトブックが付いており、写真や映像でも植田の世界観を堪能できる仕様となっている。

  また、7月23日には自身最大キャパとなる赤坂BLITZでのスペシャルワンマンライブ「植田真梨恵SPECIAL LIVE “PALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-“」が開催されることあわせて発表された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事