「AKB48」の42枚目のシングル『唇にBe My Baby』のジャケット写真とミュージックビデオが24日に公開された。 AKB48  12月9日に発売される同シングルは、来年3月28日に卒業する高橋みなみにとってはラスト・シングルとなり、インディーズ時代の06年にリリースした1stシングル『桜の花びらたち』以来となる単独センターを担当している。ジャケット写真は高橋を中心に、80年代のアイドル雑誌をテーマにした色使いで構成。メインアーティスト写真では、これまでの高橋の写真を等身大パネル化し、プリクラ風のフォトブースを使って撮影されたそうで、メンバーたちが歴代の高橋の写真パネルと記念撮影するプリクラ風の仕上がりとなっている。  また、映画「Documentary of AKB48」シリーズでおなじみの高橋栄樹氏が監督を務めたミュージックビデオでは、06年発売の「AKB48」のメジャーデビューシングル『会いたかった』のロケ地の象徴である千葉・館山市の洲埼灯台や電車を見送る場面が。  同シングルでは、卒業生の前田敦子(24)が白色のイヤフォンを付けているシーンがあったが、今作では高橋が白色のイヤフォンを付けるなど、ファンにとってはたまらない感動の演出が満載となっており、高橋監督は「たかみなさんのラストシングルということで、彼女の色んな表情を、たくさん写し出したいと思いました。また、『AKB48』の10年という時間の流れも懐かしさだけじゃなく、未来への礎として描きたかった。手前味噌で恐縮ですが、MV冒頭のダンス&リップの編集は、アイドル史上に残るカッティングになった思う。時間かけたもん」と話している。 AKB48  高橋は「私にとっては卒業シングルのMVなのですが、そのことを抜きにしても大好きなミュージックビデオになりました」。続けて、「今回、初期の頃からお世話になっている高橋栄樹監督に撮って頂き、本当に『AKB48』のことも良く知ってくれている方で、MVのテーマは『バトンタッチ』していく、そんなMVになっているなと思います」と感想を明かした。さらに、「メジャー・デビューシングルの『会いたかった』の撮影現場にも再び行かせて頂き、思い出も感じながら、撮影できたのは良かったです」とし、「楽曲はすごく明るく、“アイドル”らしい恋愛の歌なんですが、その明るいからこそ別れが切なく、そして次に繋がる希望だったりとかが見えてくるMVになっているのかなと思います。ぜひ、たくさんの方に見て頂きたいと思います」と話している。

関連記事