乃木坂46

  「乃木坂46」の舞台「じょしらく弐~時かけそば~」が12日、東京・六本木のAiiA 2.5 Theater Tokyoで初日を迎えた。

  同舞台は「週刊少年マガジン」で連載されていた人気ギャグ漫画の舞台化第2弾。
  生駒里奈や桜井玲香、若月佑美、松村沙友理、井上小百合ら「乃木坂46」のメンバー15人がトリプルキャストで新作に挑む。

0005

  上演前に報道陣の取材に応じた若月は、「私が演じる防波亭手寅(=ぼうはていてとら)は2.5次元のテンションなので、普段ローテンションの私にとって稽古をとくに頑張りました。稽古の前には鈴木奈々さんやりゅうちぇるさんの動画を見てテンションを上げました!」。

  生駒は、「私が演じるのは空琉美遊亭丸京(=くうるびゆうていがんきょう)なのですが、髪の毛の色が奇抜だからこの役にしました。演じる役と共通点もありながら、異なる点もあるのでそういったところに注目して欲しいです!」とアピールした。

  報道陣からの「『乃木坂46』にとって”落語”とは?」との質問に対して松村は、「私達はグループアイドルなので、あまり1人でしゃべる機会がありません。一方、今回の『じょしらく』は一人ひとりが落語を頑張っているので、それぞれに注目して頂ける良い機会だと思います」と話した。

0004

  また、「落語家の最上級と言われる”真打”に相応しいメンバーは?」との問いには、メンバー全員が「能條愛未!」と口を揃えて絶賛する場面も。

  それに対して能條は、「そんなことないですが…」と謙そんしつつも、「今日が私たちの『じょしらく』の初日なので良いスタートを切れるように頑張ります!」と意気込んだ。

関連記事