ベッキー

  「ゲスの極み乙女。」のボーカルの川谷絵音との不倫騒動で芸能界引退の窮地に立たされていたベッキーが、今月13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で約3ヵ月ぶりにテレビ復帰した。

  好感度を最大の武器にしていたタレントにとって、致命傷とも言える不倫騒動。
  さらに、あくまで川谷との友人関係を強調し、真っ先に謝罪しなければならないはずの川谷の妻への謝罪はなく、いかにもCMクライアントなどに向けて開いたという印象を世間に与えてしまった会見。
  加えて、開き直りとも思える川谷とのLINEのやり取りまで暴露され、それまで築き上げて来た“良いコちゃん”イメージは地に落ちてしまった。

  最近では、相手の川谷に対するバッシングが高まる中、「そこまで叩かなくても…」といった同情的な意見も多少は出ているが、やはり前述のインパクトは大きく、復帰はしたものの、復活には程遠いというのが実状だ。

  芸能プロダクションの幹部はいう。

「元々のキャラがキャラだからね。ずっと一貫して“不倫”とか“ウソ”とかと真逆のイメージで売ってきたコだし。今回一応は復帰したわけだけど、それじゃ今後はどういうキャラで売っていくのかとなると、見当もつかないよね。少なからず、従来のキャラを押し通すのは無理だろう。それに、これはベッキーに限ったことじゃないけど、この業界は不倫のダメージはかなり尾を引くからね」

  最近では矢口真里が典型的なケースだが、不倫騒動をキッカケに大きなダメージを受けて復活に四苦八苦する芸能人は多い。

「矢口はもちろんのこと、麻木久仁子とか、山本モナとか、みんな苦労したし、騒動前に比べると、いまだに復活しきれていない。今回のベッキーのケースは麻木に近いんじゃないかな? 麻木もベッキーと同様、どちらかと言うとクリーンなイメージで好感度が高く、多くの同性、とくに主婦層から高い支持を集めていた。それが不倫騒動をキッカケに“ダマされた!”という感じで、それまで味方だった人たちまで一気に敵に回してしまったからね」

  昨今の芸能界において、かくも不倫の代償は大きいわけだが、一方で不倫騒動から見事に復活した芸能人もいる。

「石田純一なんかは本当によく盛り返したと思うよ。一時期は、いわゆる“不倫は文化”発言で相当激しいバッシングを浴びたけど、今やバッシングどころか、好感度タレントとしてテレビやCM、イベントなんかで大活躍しているくらいだから、見事な復活と言えるよね」(同芸能プロ幹部)

関連記事