新山詩織

  シンガーソングライター・新山詩織が、6月29日にダブルAサイドシングル『あたしはあたしのままで/恋の中』をリリースすることが分かった。

  新山は16歳の時に、「Treasure Hunt.ビーイングオーディション 2012.」でグランプリを受賞し、シンガーソングライターとして活動をスタート。
  2013年にシングル『ゆれるユレル』でメジャーデビューを果たした。

  現在放送中のフジテレビ系“月9”ドラマ「ラヴソング」では、女優として主演の福山雅治扮する神代広平の元恋人の宍戸春乃役を演じている。

  今作に収録されている『あたしはあたしのままで』は新山本人が作詞を担当し、日常の一コマを描写しながら、彼女の秘めたる想いと未来への希望を描き出した印象的なナンバー。
  その強い想いを表すかのようにアップテンポなサウンドにのせて力強く歌い上げられており、新山の真骨頂ともいえるロックな匂いが漂ってくる曲だ。

  一方、『恋の中』は初のドラマ出演作である「ラヴソング」の劇中歌。
  主演の福山が作詞、作曲を手掛けて、新山演じる宍戸春乃が作中で歌っていることで注目を集めている。
  『恋の中』はすでに各デジタル配信サイトで配信をスタートしており、レコチョクデイリーシングルランキング2位(4月27日付け)、レコチョク週間シングルランキング6位を記録している。

  なお、パッケージは初回限定盤と通常盤の2仕様をリリース。
  初回限定盤の特典DVDには『あたしはあたしのままで』のミュージックビデオが収録されている。

関連記事