• このエントリーをはてなブックマークに追加

ATSUSHI

  「EXILE」の ATSUSHIの初のソロ・ドームツアー「EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”」のテーマソングとなるニューシングル『Beautiful Gorgeous Love』が、7月6日にリリースされることが分かった。

  ATSUSHIが「アーティストとして、デビューして15年、“とうとうここまで来ることができたんだな”と、ひとつの節目として実感することができた」と語るソロでのドームツアーが、5月28日にいよいよ開幕する。

  これまでも、「EXILE」のヴォーカルとしてエンタテインメントを届けてきた ATSUSHIだが、ソロとしてドームのステージに立つうえで、「ドームという場所が広いだけに、視覚的なものよりも、音楽的なものにこだわって歌を届けること」を意識しているという。

  実際、今回のツアーではこれまでもともにステージを作り上げてきたバンドメンバーに加え、オーケストラ、管楽器、コーラス隊らを招き入れ、総勢40人近くのビッグバンドを従え、生音にこだわったステージを披露する予定だ。

  そんな中、今回リリースが発表された『Beautiful Gorgeous Love』は、今回のツアーを象徴する楽曲として構想1年を経て制作されたスウィング・ジャズを取り入れたナンバー。
  ツアー同様、レコーディングには総勢40人を超えるビッグバンドが参加し、グルーブするリズム、ストリングスとブラスの妖艶なアンサブル、そしてセクシーなヴォーカルを一度に体感することができる、その名の通り豪華な仕上がりとなっているとか。

  ATSUSHIは同曲について、「今まで大切なメッセージを伝える曲、恋愛の曲、盛り上がる曲など、色んな楽曲を書いてきましたが、ただただ求愛を歌う曲があってもいいなと思っていて、特別に重たくすることもせずに、メロディと演奏に心地良い言葉を紡いでいくというのを、ひとつの作品として仕上げてみました」。

  続けて、「ほとんどの楽器が生の演奏なので、よりライブの臨場感が音源でも表現できたと思いますし、あまりこういった細かいニュアンスは、伝わりづらい部分ではあると思うんですけど、雰囲気も大切にこだわって作りました」と明かす。

  また、同シングルのカップリングには現在「トヨタホーム」のCMソングとしてオンエアさている、中島みゆきの名曲『糸』をカバーした楽曲を収録。
  武部聡志のプロデュースにより、生音にこだわって制作された楽曲は、原曲へのリスペクトの想いが込められたATSUSHIらしいカバーソングとなっている。

  さらに、初回盤(CD+2DVD)に付属されるライブDVDには、1月にTBSで放送された「EXILE ATSUSHI Premium Live」の模様(全16曲予定)を収録。
  ATSUSHIのいつもの緊張感のあるライブとは違う、もっとリラックスした状態で自分の歌を楽しんでほしいという想いから生まれた同番組は、ATSUSHIの自宅(という設定)に著名人を招待し、一緒にお酒を飲みながら歌を披露するというこれまでとは違ったショーとして話題を集めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事