• このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキー

  人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカルの川谷絵音との不倫騒動で休業に追い込まれたタレント・ベッキーが、今月13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」でテレビ復帰を果たした。

  当初、ベッキーはテレビ復帰にあたり、川谷の前妻への謝罪を済ませていたとされていたが、実際には同番組の収録が謝罪前に行われたことが発覚。
  ここ最近は、世間の批判の矛先がもう一方の当事者の川谷に向かっており、ベッキーについては多少の同情論もささやかれ始めていたが、今回の件での再びのイメージ悪化は避けられそうにない。

  そもそも、ベッキーの復帰に関しては「早すぎる!」というのが世間一般の大方の見方であるが、ベッキーがそうした声を無視して復帰を焦る背景には、ある大きな理由があるという。

「ベッキーの早期の復帰に関してはさまざまな批判がありますが、彼女が復帰を焦っているのは、自身の休業中に“ポストベッキー”争いが白熱しているからです」とは某芸能プロダクションマネージャー。

  テレビ番組などを見ていると、画面越しには共演者がみな仲良さそうに振る舞ってはいるが、その一方で水面下では日々厳しいサバイバル競争が行われているのが、芸能界。

  限られた“枠”を必死になって奪い合っているのが実状で、今回数多くのテレビ番組やCMに出演していたベッキーが窮地に立たされたことで、休業を宣言する前から“ポストベッキー”争いが繰り広げられていた。

「テレビなどに出ているタレントは、表向きベッキーに対して同情的な意見を口にする人も多いですけど、その裏では不倫騒動が明るみになった頃から、大手事務所のテレビ担当が“ポストベッキー”として自社のタレントを必死に各テレビ局に売り込んでいます。とくに、『B』や『O』、『H』、『P』といった大手事務所さんはこれまでにないほど、売り込みに力を入れていますね。まあ、売れっ子のベッキーの“枠”が空きそうだというのだから、ビジネスとしては当然のことでしょう」(前出のマネージャー)

  こうした水面下の“攻防戦”は当然、幼い頃から芸能界で育ってきたベッキーも理解しており、そうした動きも耳に入ってくるわけで…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事