• このエントリーをはてなブックマークに追加

i☆Ris

  人気アニメ「プリパラ」のオープニングテーマなどで知られる声優アイドルユニット「i☆Ris」が21日、自身初となる全国5大都市Zepp公演、仙台Rensaの計6公演の全国ツアーのファイナルをZepp Tokyoで行った。

  「i☆Ris」は、約2700人の観客を前に、4月20日にリリースした2nd ALBUM『Th!s !s i☆Ris!!』の楽曲を中心に、アンコールを含む21曲を披露した。

0002

  この日、タキシードを模した“カッコかわいい”衣装に身を包み登場した「i☆Ris」は、序盤から『ドリームパレード』、『ブライトファンタジー』、『§Rainbow』を立て続けにパフォーマンス。
  自己紹介を含むMCパートではリーダーの山北早紀が「チケット完売ですよー! 盛り上がっていけますかー!!」と会場をあおり、澁谷梓希は「テンションMAX~☆」と声優を務めるアニメキャラクターのおなじみのセリフで会場を沸かせた。

  ステージは冒頭から最高潮の盛り上がりを見せ、MCの後には一気に6曲を連続で披露。
  アルバムに収録されている山北と芹澤優の『Over the future』、茜屋日海夏、久保田未夢、澁谷の『Secret Garden』などデュオ曲、若井友希のソロ曲『My Bright…』も披露され、メンバーそれぞれが高い歌唱力を見せつけた。

  続いて、「i☆Ris」のライブでは恒例の「アフレコ劇」コーナーを挟んで、白色を基調にそれぞれの担当カラーの星が散りばめられたワンピース姿に衣装チェンジ。 『YuRuYuRuハッピーデイズ』では、小さい傘をダンスに取り入れ、クルクルと愛らしいダンスを披露した。

0001

  その後も『キラリ』や『Fanfare』などアップテンポな楽曲で攻め、さらに「i☆Ris」のメンバー6人が声優を務める「プリパラ」の主題歌『Make it!』、『Realize!』、『Goin’on』もお披露目して観客をステージに釘づけにした。

  山北は「『i☆Ris』はデビューして3年になりますが、ファンのみなさんやスタッフさんに助けられて、少しずつファンのみんなが増えていって、応援してくれて、こんなに大きな会場でライブができるようになりました。本当にありがとうございます」と感謝した。

  アンコールでは、6月1日にリリースされるニューシングル『Ready Smile!!』が披露された後、8月3日に通算13枚目のシングルをリリースすることをサプライズで発表。
  しかも、同曲はテレビアニメ「双星の陰陽師」の7月クールのオープニングテーマ曲とのタイアップということで、会場からは大きな歓声があがった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事