仲川遥香

  「JKT48」の仲川遥香が、グループの活動拠点であるインドネシア・ジャカルタからスラバヤまでの約800kmの道のりを自転車で走破するチャレンジ企画「仲川遥香 伝説をつくる supported by POCARI SWEAT」を行うことが分かった。

  同企画は、「JKT48」が6月3日にインドネシア第二の都市・スラバヤで屋外大型コンサートを開催することを記念して行われるもの。
  仲川は、準備期間を経て、5月23 日にジャカルタのFXモールを出発し、およそ東京〜広島間に相当する約800kmを、約12日間をかけて自転車で走破し、スラバヤにあるコンサート会場に到着する予定という。

0001

  年内でのグループ卒業を発表している仲川は、先日に開票された「JKT48 13th シングル選抜総選挙」で3位を獲得した際、「私は『JKT48』で伝説をつくる」とコメント。
   12月に予定している卒業を前に、インドネシアの風景を改めて目に焼き付け、またゴールに向けて頑張る姿をインドネシアの人々やメンバーに見てもらいたいという思いを込めて、今回の企画にチャレンジする。

0002

  仲川は、「私は、今年いっぱいで『JKT48』から卒業することを発表しました。そんな中、何か一つでもインドネシアに残したいと思っています。最後に私がみんなに伝えたいこと…、それは挑戦し走り続けることです」。

  続けて、「いつもみんなに言い続けているけど、それを行動で見せたい。だから私は、『JKT48』のコンサートがあるスラバヤに自転車で行くことを決意しました」と今回の企画に挑戦する理由を明かした。

  そして、「約800キロあるスラバヤまでを、自分の力で、自転車で走破して、ジャカルタからスラバヤまでのファンのみなさんに会いに行きたいと思います。ワクワク感と不安感でいっぱいですが、一生懸命挑戦するので、みなさん見ていてください。Tidak ada yang mustahil, dimana ada kemauan disitu ada jalan(Nothing is impossible, if there’s a will there’s a way)」とコメントしている。

関連記事