西内まりや

  歌手で女優の西内まりやが約半年ぶりに発売する両A面ニューシングル『Chu Chu / HellO』の発売記念イベントを24日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で行った。

  この日のイベントは2回まわしで行われ、は約3000人の観客が集まった。
  
  これまでギターやピアノを弾いてのパフォーマンスが目立っていた西内だが、自身作詞、作曲の新曲『Chu Chu』は初となるダンスパフォーマンス曲となっている。
  同曲を披露すると、投げキスのフリがふんだんに取り入れられたキュートでキャッチーなダンスと、一度聴いたら耳から離れない“Chu Chu Chu♪”というサビのメロディに客席からは終始「可愛い~!」という悲鳴に近い歓声が上がり、観客を魅了。
  パフォーマンス後には、集まった観客に西内自身が同曲のダンスをレクチャーする場面もあった。

  同曲は楽曲、衣装、ダンス、ジャケット写真、ミュージックビデオなどの制作に西内自身のアイデアがたくさん詰まった思い入れの強い楽曲という。

  また、2曲目に披露されたのは、昨年の「日本レコード大賞」の優秀作品賞を受賞した、自身初の作詞作曲楽曲『ありがとうForever…』。
  西内は、『Chu Chu』を披露した後にピアノ弾き語りでしっとりと歌い上げ、その歌声とピアノの旋律、そして楽曲に込められた想いに涙を流す観客の姿もあった。

0003

  そして、最後に披露されたのは、最新シングルに収録されているもう一曲の新曲『HellO』。
  西内は、タイトルどおり朝にピッタリなさわやかな同曲を集まった観客と一緒に楽しみながら笑顔で歌い上げた。

0001

  西内は、『Chu Chu』の振付について、「可愛いくて覚えやすい振り付けなので、学生のみなさんに学校とかで踊ってもらえたらうれしいです」とニッコリ。
 
  半年ぶりのリリースイベントとなったが、「不安もあったんですけど、たくさんの方が来てくださって、楽しむことができて良かったです。直接会える機会が大好きなので、ライブをやりたいなという想いがどんどん増していきます」と意欲をみせた。

  今秋には初主演映画「CUTIE HONEY-TEARS-」が公開予定など女優としての活躍も目立つが、歌手活動に関しては「色んなことにチャレンジしていきたいですし、自分の言葉でどんどん発信していけたら良いなと思うので精進します。アルバムを出したらツアーができるんじゃないかなと夢を膨らませています。タイミングが来たらアルバムを出したいです」と意気込んだ。

関連記事