0005

  女優・二階堂ふみ、菜々緒、俳優・山﨑賢人らが28日、映画「オオカミ少女と黒王子」の初日舞台あいさつを都内で行った。

  同映画は、八田鮎子氏が原作を手掛けた、累計発行部数540万部突破の超人気少女コミックを廣木隆一監督により映画化した、“嘘つき少女”と“ドS黒王子”によるラブコメディー作品。

  高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
  「彼氏がいないのでは?」と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。
  ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。
  イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカだがじつは彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった。
  契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”というもので、ウソから始まる恋の行方は…といったストーリー。

0006

  ステージに登場した二階堂は、「本日は朝早くからありがとうございます。お披露目できてうれしいです。短い時間ですが、楽しんでください」。

  W主演を務める山﨑は、「朝早くからお集まり頂きありがとうございます。初日にこんなにたくさん集まって頂いてうれしく思います」とあいさつした。

  そんな中、山﨑演じる“ドS黒王子”の姉の冷香を演じた菜々緒は「今日もドSでお送りしますので、よろしくお願いします!」と話して笑わせた。

  今作で女子高生役を演じた二階堂は、「久しぶりに制服を着ることができてうれしかったです」とニッコリ。
  “ドS黒王子”を演じた山﨑については、「本人と役柄のキャラクターのイメージが違うんです。 難しい役だったと思いますが、真摯に向き合っていて現場で見ていて素晴らしかった」と絶賛した。

  役柄と実際の性格が違うことを二階堂から暴露された山﨑は、司会者から「本当はドSじゃない?」という質問をされると、「ないっす」と即答。
  そのうえで、「三回まわってお手からワンが好きです」と劇中のセリフを引用しつつ、ドSであることをアピールして会場の笑いを誘った。

  また、劇中でチャラ男の神谷望役を演じた鈴木伸之は「ここぞとばかりに胸の内に押し殺している気持ちを出させて頂きました。普段の自分とは違うし、男としての憧れでもありますよね」と、チャラ男への憧れを明かした。

  菜々緒は、劇中で山﨑にビンタを放つシーンがあるが、「役者さんにビンタをするのは気が引けるので、マネージャーさんで練習しました。OKが出たんですが、カメラワークの関係で2回ビンタしました」と明かし、「山﨑君ごめんね」と謝罪。

  これに対して山﨑は、「痛気持ち良かった。僕もお芝居でビンタされるのは初めてなんですが、初めてが菜々緒さんで良かった!」とまさかのドM発言で会場をわかせた。

  各出演者のプライベートでのドSエピソードの話題になると、菜々緒は「第一線で活躍させて頂くにあたり、周りのスタッフにも100%プロの仕事をしてほしいので、仮にミスをした場合、デコピンをするというお仕置きがあります」と告白。

  門脇麦は、「家では内弁慶で家族に対する当たりが強いんです。父のマッサージをして痛がっているのを見るのが楽しい。あと、弟が“大学デビュー”して、朝髪を時間かけてセットするのをグチャってするのが楽しいです」と、なかなかのドSぶりを明かした。

  最後に、二階堂は「ようやくこの日が来たのかっていう気持ちと、もうこの日なのかっていう気持ちですが、みなさんの温かいお顔と笑顔を見られて良かったです。この映画が良い方向にいくようにお力をお借りできればと思います」。
 
  山﨑は「初日を迎えられてうれしく思います。この映画を観てキラキラした青春、人を好きになって心が動くところを見てほしい。映画を広めていってください」呼び掛けた。

関連記事