能年玲奈

  2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演し、人気を博した能年玲奈の芸能界引退危機が注目を集めている。

  能年は、「あまちゃん」で一躍国民的女優となり、活躍の場を広げるも、昨年4月に所属事務所からの独立騒動が勃発。
  所属事務所に無断で長年にわたって演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立し、その後は所属事務所サイドとの打ち合わせや契約交渉を頑なに拒否し続けていたという。

  そうした折、今年6 月いっぱいで能年と所属事務所との契約が切れることから、最悪の場合このまま芸能界引退の可能性もあることが一部メディアで報じられ、一気に話題となった。

  今回の能年の引退危機騒動について他の芸能プロダクション幹部はこう語る。

「そもそも契約期間といった事務所とタレントとの細かい契約内容が表沙汰になること自体あり得ないことで、関係者からメディアへ情報がリークされた可能性が高いですよね。女性誌の多くは、発行元の出版社がファッション誌を抱えている関係もあり、大手芸能プロとは持ちつ持たれつの関係を築いているケースが多い。実際に懇意の芸能プロからライバル事務所のタレントのスキャンダルをリークしてもらうケースも見受けられます。“事実上芸能界引退へ”という見出しに関しても、所属事務所との契約が切れるだけなのにちょっと大げさかなと(笑)」

  こうした背景もあり、能年と所属事務所との契約が切れる6月末まで残り1ヵ月というタイミングで、まるで計ったかのように報じられた今回の能年玲奈の芸能界引退危機報道については、「所属事務所からの能年サイドに対する最後通告では?」と業界内ではもっぱらの噂になっているとか。

  とはいえ、芸能界の風向きが能年サイドに同情的かというと、さにあらず。
    芸能界においてタレントの独立騒動は、総じてタレントサイドに厳しい目が向けられることが多い。

「何だかんだ言いながら、この業界は“義理と人情”の世界ですからね。いくら才能があると言ったって、はじめはみんな商品価値のない素人で、いくらダイヤの原石だと言っても、磨かなければ単なる石ころなわけです。ウチらは売り物になるか分からない、そうした石ころをリスクを背負ってお金や手間暇をかけて磨き、売り込み、商品にするわけです。自分に商品価値ができたからといって、すぐに独立するなんて、あまりに義理に欠けていますよね。ある程度、ベテランになってからだって『まだ恩返しが足りない』と言われるのに、ましてブレークから数年足らずで独立なんてあまりにも虫がよすぎますよ。強引に独立したタレントが業界全体から干され気味になるのは、古巣の事務所による“圧力”だけでなく、こうした業界全体の空気があるからです」(前出の芸能プロダクション幹部)

  能年サイドにもそれなりの言い分があるのだろうが、いかなる理由があるにせよ、その旗色はかなり悪そうだ。
  まして、能年の所属事務所は複数の売れっ子女優を抱える大手事務所。
  芸能界に大きな影響力を持つとされる重鎮のX氏とも太いパイプがあるとされており、ますますもって厳しい状況が予想される。

  だが、その一方でこんな意見も。

「たしかに能年さんの所属事務所の社長とXさんは、かつては蜜月の関係と言われていたけど、最近あったとある一件を巡って、すきま風が吹いているのではないかという噂もあります。少ながらず、その一件でXさんが能年さんの所属事務所の社長に対し、不信感を覚えたのは確かです。もし双方がいまだにしこりを残しているとしたら、能年さんが心を入れ替えてXさんを頼れば、風向きが変わる可能性はありますね」とは別の芸能プロのマネージャー。

関連記事