000

  ギタリスト・布袋寅泰が5月28日、東京・六本木ヒルズで開催された「日本イタリア国交樹立150周年記念イベント ITALIA AMORE mio!」に出演し、イタリアの人気ミュージシャンのズッケロとコラボレーションライブを行った。

  布袋と今回初来日したズッケロは、昨年にズッケロのアルバム『Black Cat』のレコーディングに布袋が参加した縁で共演が実現。
  普段は、ヴォーカリスト兼ギタリストとしてセンターで歌唱する布袋だが、「ローリング・ストーンズ」のライブへのゲスト出演以来といえる、ギタリストに徹してプレイを披露した。

  オープニングは最新アルバム『Black Cat』に収録された『Partigiano Reggiano』。
  そして、布袋がレコーディングにギターで参加した『Ti Voglio Sposare』が続き、ソウルフルでブルージーなズッケロの歌声と、布袋のシルバーに輝くゼマティス・ギターによるプレイが観客を魅了した。
 
  布袋はMCで、ズッケロのイタリア語によるトークを「日本に来てとてもうれしい。イタリアにもこんなに格好良い男はいないぞ、生まれ変わったら布袋になりたい…」とジョーク交じりに勝手に翻訳して会場の笑いを誘った。

  さらに、2人はズッケロがエリック・クラプトンとイギリスのロイヤル・アルバート・ホールで共演した際に披露したバラード『Hey Man』やイタリアで最高800万枚のセールスを記録したアルバム『Oro, incenso & birra.』に収録されている人気チューンの『Diavolo In Me』などを披露。
  最後は、カナダのロックバンド「ステッペンウルフ」の1968年発売の人気曲のカバー『Born To Be Wild』を、2人によるツイン・ヴォーカルで歌い上げた。

写真=外山繁 / Shigeru Toyama

関連記事