• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  最近は美容茶やハーブティー、薬草茶など美容に良いとされるお茶が何かと注目を集めています。

  一言でお茶といっても種類はたくさんあります。 同じ日本茶でも、産地や製法で香りも風味も全然違いますよね? 美容と健康のために、お気に入りのお茶を見つけている方も多いのではないでしょうか?

  国仲涼子さんはゴーヤ茶がお気に入りで、飲みはじめてから顔や身体がむくまなくなったとか。
  国仲さんは、以前から中国茶やハーブティーを身体の調子に合わせて飲まんでいるそうで、外で過ごすことが多かった日は「ビタミンC」が豊富な「ローズヒップティー」を、風邪予防には免疫力を高める「エキナシア」などをセレクトしているとか。

  菅野美穂さんも症状ごとにブレンドされたハーブティーや血液をサラサラにする効果の高い「そば茶」を飲んだり、中国産の「天方八宝茶」という漢方茶を愛飲したりと、お茶へのこだわりは強いようです。

  君島十和子さんは、サプリメントでお茶に含まれる有効成分である「カテキン」を積極的にとり入れるようになってから、お肌の調子もアップしたみたいです。

  お茶にはさまざまな有効成分が含まれています。

  普段私たちが慣れ親しんでいる「日本茶」にも美容と健康に良い成分がたくさんあるんです。

  「日本茶」の渋み成分である「カテキン」には、抗菌作用や抗酸化作用、体脂肪低下作用があります。

  「カフェイン」には眠気をスッキリさせたり、利尿作用で体内の余分な水分を排出する効果があるため、むくみが気になる人にはピッタリです。

  「テアニン」というお茶の旨味成分には神経細胞の保護作用があり、リラックス効果も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事