001

  ロックバンド「氣志團」が、6月26日からフジテレビ系で放送される人気アニメ「ワンピース」の新シリーズの主題歌を担当することが分かった。

  「気志團」は、「ワンピース」の初代主題歌であり、世界的にも有名な楽曲『ウィーアー!』(1999年10月20日~2000年11月8日)や『ウィーゴー!』(2011年10月2日~2013年3月31日)などで知られるアニソン歌手のきただにひろしと、同アニメの新シリーズ“シルバーマイン編”の主題歌の『ウィーキャン!』で初のコラボレーションを果たした。

  作曲を担当した「氣志團」の大きい方のギタリストこと西園寺瞳は「とにかくきただにさんが歌う『ワンピース』の曲はファンの方から人気が高いので、それに続くものとしてスピリットを受け継げるような思いで作りました。ポイントはまず“ウィー”に続く言葉を何にしようかというところから考えて、こんな時代なんで“ウィーキャン!”かなと。それをメロディーにはめるところからスタートして、きただにさんのハイトーンが生きる感じに繋げました。」と明かす。

  また、作詞を手掛けた綾小路翔は、「『ウィーア!』、『ウィーゴー!』に続く名曲三部作にしたいという想いから、歌詞を拡げていきました。我々も今年がデビュー15周年、来年には結成20周年と、思えば長いこと旅をしてきました。小さなオンボロの船に乗り込み、たった4人のクルーで始まった海賊団。それからたくさんの出逢いがあって、仲間が増え、時には失って、様々な危機を乗り越えながら、命懸けで生き抜いてきました。そんな自分たちの冒険を、大好きなワンピースの世界観にも重ね合わせて作ったのがこの『ウィーキャン!』です」。

  続けて、「この曲を通して、ワンピースをこよなく愛する同士たちに我々の想いを伝えられたら…と思っています」と楽曲への想いを熱く語った。

  一方、きただには「『ウィーアー!』、『ウィーゴー!』と2回歌わせて頂き、次回も主題歌の依頼が来ないかなと鳴らない電話を待っていましたが、今回『氣志團』さんとのコラボさせて頂き、自分の中でも今後歌い続けていく曲になっていくと思います!」と仕上がった楽曲に自信を見せた。

  なお、8月24日にはシングルの発売も決定したという。

関連記事