NGT48

  「NGT48」の小熊倫実、研究生の中村歩加、水澤彩佳が6日、今村悦朗NGT48劇場支配人とともに「第8回AKB48選抜総選挙」(6月18日開票、ハードオフエコスタジアム新潟)の開票イベントの新潟市での開催にあたり、新潟市役所を表敬訪問した。

0003

  3人は市役所の正面玄関で多くの職員や新潟市民の歓迎を受けると、今村劇場支配人とともに篠田昭新潟市長と木村勇一副市長と面談。
  メンバーたちは、篠田市長と木村副市長と開票イベント当日の天気や新潟市南区のPR大使としても活動する水澤が先日「白根大凧合戦」のパレードで篠田市長と一緒になった話題などで盛り上がった。

0002

  その後に出席した地元メディアを集めての記者会見では、篠田市長の口から総選挙に向けて県外から来る観光客へのおもてなし施策や、新潟の魅力を発信する施策が発表された。
  そして最後に篠田市長を中心にメンバー3人と今村劇場支配人の5人が手を合わせ、「総選挙」の開票イベントの新潟開催の成功を誓い合った。

0004

  小熊は、「小学生の頃から家族や友達とAKB48グループを応援していて、総選挙もテレビで見ていたので、そのステージに立たせて頂けるのが本当にうれしいです。ドキドキしています。生まれも育ちも新潟なので、この機会に新潟に恩返しができればと思っています。よろしくお願いします」。

0005

  中村は、「『AKB48』の総選挙が新潟で開催されるこの機会に、新潟県民、新潟市民のみなさんに、『NGT48』はもちろんAKB48グループのことを、少しでも知ってほしいと思います。そのために頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」と話した。

0006

  水澤は、「大好きなこの新潟の街で、『AKB48』の選抜総選挙が開催されることを本当にうれしく思います。たくさんの方が県外から新潟に来てくださると思うので、『NGT48』のメンバー全員で新潟の魅力をお伝えしたいです。新潟には美味しい食べ物がたくさんありますので、いっぱい食べて、良い思い出にして帰って頂きたいと思います」と笑顔で語った。

  今村劇場支配人は「これまでの総選挙と大きく違うのは、新潟市のご協力をこれだけ頂けていること。それから各企業のみなさまとのコラボレーションでPRもさせて頂いていること。総選挙間近には、新潟駅の周辺などにAKB48の総選挙のポスターやのぼりが並び、ますます雰囲気が盛り上がっていくと思います」。

  続けて、「こういった形で、地元で全面協力して頂いている総選挙はこれまでなかったことです。48グループとして大変感謝しています。その分、身が引き締まる思いです。必ず、新潟開催を成功させなければならないと思っています。新潟のみなさま、よろしくお願い致します」と語った。

関連記事