0002
  今月18日に開票イベントが行われる「第8回AKB48選抜総選挙」の会場となる「HARD OFF ECOスタジアム新潟」の場内および周辺に、新潟の名物や名産を販売する50のブースが出展されることが分かった。

  AKB48グループの「総選挙」といえば、今月6日に「NGT48」の小熊倫実、研究生の中村歩加、水澤彩佳が、今村悦朗NGT48劇場支配人とともに、篠田昭新潟市長を表敬訪問し、その後の会見で新潟開催に向けた市との協力施策が発表された。

  現在、新潟駅の万代口の大階段に巨大看板が設置されているが、今後も駅周辺や市内を走るバスに総選挙のポスターが掲出されるなど、総選挙の本番に向けて同地の熱気が高まってきている。

  そんな中、開票イベント当日も「総選挙」を盛り上げるため、新潟開催ならではの企画として、開票イベント会場の場内および周辺に、新潟の名産や名物を販売、PRする計50のブースが出展されることが明らかになった。

  会場には、新潟の魅力を紹介する「NGT48」の楽曲『NGT48』の歌詞にも登場する、コシヒカリやイタリアン、へぎそば、タレカツ、ポッポ焼きをはじめ、日本海で採れた海鮮や村上牛などの最高食材を使ったご当地の絶品グルメのブースが登場。

  その他、「NGT48」がPRキャラクターを務め、新潟が全国に誇る米菓「ばかうけ」など、多彩なブース展開される。

  さらに、元「AKB48」の内田眞由美プロデュースする「焼肉IWA」の特製オリジナル弁当も販売されるとか。

  また、これらの情報をまとめたエリアマップが会場や新潟駅南口で配布されるほか、NGT48劇場の周辺などでは同曲に登場する新潟の名物を楽しめるお店情報をまとめたガイド「Niigata Gourmet Tabechao 48店舗」や、万代地区や古町・本町などを巡る新潟市観光循環バスの冊子も作成され、市内各所やNGT48劇場で配布されるという。

関連記事