• このエントリーをはてなブックマークに追加

欅坂46

  「欅坂46」が8月10日にリリースする2ndシングル『世界には愛しかない』が、今日17日放送のニッポン放送の冠ラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(金曜日・深夜0時20分~)で初オンエアされることが分かった。

  「欅坂46」は、「乃木坂46」に続く、「坂道シリーズ」の第2弾として作詞家・秋元康氏プロデュースのもと結成され、4月6日に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビュー。

  通算2枚目のシングルとなる『世界には愛しかない』は、10代の心象風景とリアリティを、意表をついた”ポエトリーリーディング”で表現し、未来に向かって自分の気持ちに正直に進んでいく強い意志を、疾走感あふれる爽快なメロディーで鮮烈に伝える青春ソングに仕上がっている。

  また、同曲は「欅坂46」にとって初主演、メンバー総出演となるテレビ東京系土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」の主題歌にも起用される。

  デビュー曲でセンターを務めた平手友梨奈は、新曲の初オンエアについて「デビュー曲の『サイレントマジョリティー』とは違い、2ndシングルの『世界には愛しかない』はすごく爽快感のある楽曲になっています。さわやかな曲調ですが、歌詞には切なさがあり、共感して頂ける部分があるのではないかと思いました。曲の始まり方や終わり方も斬新なので、そこも楽しみにしていて欲しいです」とアピール。

  続けて、「今週の放送では、普段とは逆で長濱ねるがMCを担当してくれています。そこも楽しんで頂けるとうれしいです! ぜひ聴いて下さい!」と話している。

  なお、今回の放送回は、今月25日に誕生日を迎える平手にとって14歳で担当する最後の番組となり、一人しゃべりでの率直な気持ちも聴くことができるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事