八代亜紀

  歌手・八代亜紀が7月16日から日本で公開されるディズニー映画「ファインディング・ドリー」の日本版エンドソングを担当することが分かった。

  同映画は、「第76回アカデミー賞」の長編アニメーション賞を受賞し、日本でのディズニー/ピクサー歴代興収No.1の金字塔を打ち立てた映画「ファインディング・ニモ」の続編。
  ニモの親友で忘れんぼうのドリーが、ただひとつ“忘れられなかった思い出”を探して冒険するというストーリー。

  今作のエンドソングには世代を超えて愛されるジャズの名曲『アンフォゲッタブル』が起用されるが、日本版エンドソングを八代が担当することとなった。

  八代は日本人アルバム史上最大級となる世界75ヵ国でジャズアルバムを配信し、海外のジャズクラブでライブを行うなど、世界のジャズシーンで活躍。 日本の心を歌い上げ、ジャズ界でも活躍している八代なら、『アンフォゲッタブル』に込められた深い愛と感情の機微を日本中に届けられるということで、今回の起用となったという。

  八代がディズニーの曲を担当するのは今作が初めて。
  また、八代は日本版エンドソングの歌唱に加え、日本語吹替版に声優としても参加するとか。

  八代は、「びっくりすると同時にとてもうれしいです! 歌ってきて良かった、46年八代亜紀をやってきて良かったです。今回カバーしたことで、八代亜紀としての視野が広がった気がします」。

  曲の歌詞について、「“忘れられない”という気持ちに対して、“大丈夫だよ、忘れてないよ”と言っている言葉が大好きです。ドリーの場合はそれが両親で、”忘れてないよね、心の中にあるよね“という親への想いなんです」と語っている。

  さらに、声優挑戦に関しては、「歌に加えてダブルでうれしい! 重要な部分で声の出演もしていますので、お子さんも大人の方もみなさんに観てほしいです!」とアピールした。

関連記事