0002

  「AKB48」の45thシングルの選抜メンバーを決める「第8回選抜総選挙」の開票イベントが18日、HARD OFF ECOスタジアム新潟で行われ、「HKT48」の指原莉乃が過去最多となる24万3011票を獲得して史上初の連覇を達成した。

  2位の「AKB48」の渡辺麻友に6万7398票差をつけて1位に輝いた指原は、「みなさん、本当に、本当に、本当にありがとうございます。あっちゃんも優子ちゃんも達成できなかった連覇を私なんかがという気持ちがありますが、達成できたことを心からうれしく思います。ありがとうございます」と感謝した。

  そのうえで、「おこがましいのですが、一つだけお願いがあります。私もこの1位で3回目の1位になります。どうか私を1位として認めてください」と訴えた。

  続けて、「私はスキャンダルで仕事が増えましたし、“スキャンダル成金”と思われてもおかしくないような仕事ぶりで、あっちゃんや優子ちゃんや麻友とは違って、企画モノだと思われていてもおかしくない。だけど私は、自分でもちゃんとそう思っています。間違えたことばかりだし、叩けばホコリしかでてきません」とし、「だけど、今まで1位をとってきたメンバー同様、ファンの絆はアツいと思っています。なので、私の1位は当たり前ではありません。ファンのみんなが無理に無理に無理を重ねて、頑張ってくれた1位です。どうか私に心からの『おめでとう』をお願いします」と涙ながらに語った。

  そして、「いつか、みんなみたいに『おめでとう』と言ってもらえる1位になりたいと思っていました、本当に幸せです。ありがとうございます」と感極まった。

  さらに、「『HKT48』のメンバーのみんな、たくさん上位にメンバーが入り、みんなのうれし涙に幸せをもらい、ランクインできなくても他のメンバーの順位を素直に喜べるみんながいることがとても幸せです。いつも数え切れないほどの幸せを本当にありがとう。みんながグループのセンターになり、1ケタの順位になり、どんどん大きくなっていくことが私の心からの幸せです。みんながいるから頑張れます」と微笑んだ。

0003

  2月に祖父が亡くなったことを明かし、「忙しいことを理由に会いに行けなかった後ろめたさから、大分に帰ったことはたくさんあったのに、まだ祖父に会いに行くことができていません。支えてくれるメンバー、こうしてお祝いしてくれるファンのみなさんがいる。そう思うと、今こうして連覇をしてこの場に立っていることを祖父が喜んでくれていると思います。改めてトロフィーを持って大分に帰って、1位になったことを報告したいと思います。それも含めてみなさんのおかげです。ありがとうございます」と再び感謝。

  最後に、「麻友や横山が引っ張って、麻友や横山が作っていく『AKB48』が何よりも大好きなので、その2人の後ろに立って、2人に引っ張ってもらって、迷惑をかけないよう頑張りたいと思います。普段は恥ずかしくて、私なんかがこんなことを言っていいのかと思って、言ったことはありませんでした。私はライバルがいないと、ずっと恥ずかしくて言ってきましたが、私にとって最高のライバルは麻友です」とし、「これからも国民的アイドルと呼ばれるグループにまたなれるように、ステキなグループを作っていきましょう!」と呼び掛けた。

関連記事