AKB48

  「AKB48」の新曲『光と影の日々』が、テレビ朝日系で放送される高校野球のダイジェスト番組「熱闘甲子園」のテーマソングに起用されることが分かった。

  同曲は、Wセンターを務める「NMB48」の山本彩と「AKB48」の横山由依をはじめとした“高校野球選抜メンバー”の16名が歌唱を担当。
  作詞を作詞家でAKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏が務めている。

  また、同曲は1位に輝いた「HKT48」の指原莉乃ら先日開催された「第8回AKB48選抜総選挙」の選抜メンバーが歌唱を担当する、8月31日リリースの「AKB48」の45thシングル曲のカップリングとして収録されるという。

  秋元氏は、「高校野球が好きだ。甲子園のテレビ中継を観ているだけで、なぜか、涙が出て来る。白球は夢だ。全員が、その夢を必死に追う姿に感動する。AKB48 のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせていただいた。『夢は1日にして成らず』」。

  続けて、「『熱闘甲子園』のテーマソングをAKB48 に歌って欲しいという依頼をいただいた時、まず、“美しい汗”を描こうと思った。夢を掴みたいと思ったら、汗をかくしかないんだ。多くの人が高校野球に魅せられるのは、どこかで忘れてしまった自分の汗だろう。夢を見ているか? 汗をかいているか? 『熱闘甲子園』を通して、“あきらめないことの大切さ”を伝えたい」とコメントを寄せている。

・「熱闘甲子園」テーマ曲『光と影の日々』選抜メンバー

センター:「NMB48」山本彩、「AKB48」横山由依

「AKB48」:入山杏奈・柏木由紀・渡辺麻友

「SKE48」:北川綾巴・高柳明音・松井珠理奈

「NMB48」:白間美瑠・矢倉楓子

「HKT48」:兒玉遥・指原莉乃・宮脇咲良

「NGT48」:加藤美南・北原里英・高倉萌香

※写真提供=ABC

関連記事