はやぶさ

  3人組新世代歌謡グループ「はやぶさ」が25日と26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催中の「次世代ワールドホビーフェア’16 Summer」のタカラトミー・ブースで「はやぶさLIVE“歌ったれや!”」を行った。

  「次世代ワールドホビーフェア」は、入場無料で最新のゲームやホビーが楽しめる“子どものための展示会”をコンセプトとした日本最大級のイベント。

  サウンドプロデューサーにヒャダインを迎えた、テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズVSRF」のオープニングテーマ曲『エボレボ!』が話題の「はやぶさ」は、タカラトミーのカードゲーム「デュエル・マスターズ」のイベントステージに登場した。

  「デュエル・マスターズ」発売当初からよく遊んでいるというヤマトは、「僕もみなさんと同じ“デュエマー”です。好きなカードは“ブレイズグロウ”です」と笑顔であいさつ。

  ショウヤの「ネコが寝ころんだ!」というベタなダジャレにヤマトがツッコむ場面もありつつ、ヒカルは「一緒に盛り上げてくれた方には、プレゼントも用意していますので、楽しんでいってください!」と呼び掛けた。

  イベントは、その「エボレボ!」で幕開け。
  「はやぶさ」の代名詞とも言える振付や「Fight!」の掛け声も高らかに、会場は大盛り上がりに。

  続いて、NHK「みんなのうた」のためにヒャダインが書き下ろした『りふじんじん』と『ゴーゴー! YOKOHAMA』を熱唱。
  3人は歌唱中、花道とサブステージも縦横無尽に駆け回り、ファンと握手したり一緒に歌ったりと持ち前のサービス精神を発揮した。

  その後、チョップするような独特な振付で『ちょっと待ってよ ヨコハマ』をヤマトによる振付レクチャー付で披露。
  さらに、ヤマトが8月22日、23日に東京・赤坂BLITZで2度目のワンマンコンサートを開催することを発表した。

  ヤマトは、「1日目の8月22日にはデュエマウスも登場します! 1日目だけですが、特別に親子シートも用意していますので、ご家族でぜひお越しください!」とアピール。

  最後に3人は再び『エボレボ!』を熱唱し、大盛況のうちにステージは終了した。
 
  イベント後、ヤマトは「今回、『エボレボ!』を振付だけでなく、一緒に歌ってくれる子が多くて、本当にうれしかったです」。

  ショウヤは「今回2回目の出演で、前回よりも(司会の)タカ&ダイキさんとも息もぴったり合って、一緒に盛り上げてくださったので良かったです」と笑顔で語った。

  「エボレボ!」により、演歌・歌謡曲のファンのみならず、子供たちにも人気急上昇中の「はやぶさ」だが、ヒカルは「『元々、おばあちゃんがファンで。そこからキャンペーンやアニメで見て、お母さんもお子さんも3世代でファンです、という方もいらっしゃって」と手ごたえを感じている様子だった。

関連記事